キャットウォークの必要性と配置ポイント

キャットウォークはなぜ必要?

昔猫の祖先は木に登って外敵から身を守ったり、狩りをしたりする習性を持っているので、広い場所を駆け回るというよりも、ジャンプしたり、上ったり下りたりといった運動を好みます。最近は完全室内飼いが増えていますが、室内の行動範囲が限られているため、ストレスや運動不足による肥満になりがちです。 

そこで「上下運動」キャットウォークを設置してあげると、運動不足やストレスが解消でき、猫と家族双方のスペースも保つことができ、より快適な生活が送れるでしょう。

キャットウォーク•ステップを選ぶポイント

キャットウォーク•ステップの幅:
キャットウォークの幅が狭すぎると足を踏み外れる可能性があるので、余裕をもって20cm程度の幅を確保したほうが良いです。多頭飼いの場合は、2匹がキャットウォーク上ですれ違いには30cm程度は必要です。また、移動だけでなく休憩スペースを作るのも30cm程度が理想です。

キャットウォーク配置ポイント

猫は自分の体長の5倍の高さまで飛べるジャンプ力を持つといわれておりますが、加齢に伴う猫の運動力の低下に配慮して段差と水平距離を設定することがオススメです。

キャットステップ間の段差と平行距離の推奨基準  段差:  一般成猫:25-30cm  短足猫(マンチカンなど):18-25 cm  大型猫(メインクーンなど):30-40cm   水平距離:  一般成猫:15-20cm  短足猫(マンチカンなど):15cm以内  大型猫(メインクーンなど):20-25cm   ※猫がジャンプせずに移動することを基準。

登る意欲を高める方法

単に高い場所だと猫は退屈で利用頻度が下がります。窓の外が見えるような位置に設置したり、宇宙船GAMMAなどで休憩スペースを設けたりしてあげれば利用しやすい傾向にあります。

また猫は独立心が強いとよく言われますが、実は飼い主と同じ空間と一緒にいるのが好きです。飼い主さんの気配を感じられる場所にキャットウォーク•ステップを配置すれば利用頻度が高くなるでしょう。

昇降ルートを複数設ける

多頭飼いの場合は猫が追いかけっこしたり、喧嘩が起こったりする際、劣位の猫が行き止まりに追いつめられて落下することを防ぐため、安全に降りられるルートを2箇所以上を確保することが重要です。

キャットウォークに慣れさせるには時間が需要

猫は縄張り意識が高い動物なので、自分の匂いがしない場所は安心することができません。特に警戒心の強い猫は、新しいキャットウォークの存在や真新しいにおいに警戒してすぐ受け入れないことがあります。その場合、猫がお気に入りのタオルや、おやつなどで、キャットウォークに誘導してみれば徐々に興味を持つようになるかもしれません。

家に応じるキャットウォークの配置が分からない

もしキャットウォークの配置にお困りでしたら、こちらのレイアウトサービスをご利用すれば、ご予算や愛猫の体型、年齢などの条件により、 適切なキャットウォークレイアウトを送ります。