猫のトイレ事情

猫はかなりトイレに拘る動物です。トイレが汚れたり、置き場が気に入らなかっただけでもトイレ我慢をして病気になったり、トイレ以外の場所で粗相をしてしまうので快適なトイレ環境を整えてあげることがとても重要なことです。

猫トイレは何個があれば足りるの?

複数のトイレを設置してあげれば、1つのトイレが汚れていても、綺麗な方のトイレが使用することができます。 多頭飼いの場合は、猫の総数にプラス1のトイレを用意することが理想と言われています。

また、トイレがあんまりに猫のいる場所とあまりにも離れてしまうとよくないので、直ぐにでも用を足せるように猫が常にいる部屋や各フロアにそれぞれトイレを用意してあげたほうがいいです。

猫トイレを置いたらNGの場所

食事スペースに近い場所

我々も水飲み場や食事場所の近くにトイレがあるのは嫌なものです。それは猫も当然です。ですので食事場からできるだけトイレとの距離を考慮して置いた方がいいでしょう。

湿度の高い場所

湿度が高い場所に設置すると猫砂が空気中の水分を含んでしまい、固まりが弱くなることがありますので注意が必要です。

人目につく落ち着かない場所

猫に限らずですが、野外では、排泄するときに外敵から襲われる可能性がありますので、その名残りで周りが騒がしいと緊張により集中して排泄できなくなる子は少なくありません。ですので玄関など人が良く通る場所に置くのはなるべく避けましょう。

トイレの選び方

猫トイレはいろんなタイプがあります。猫の性格によってトイレの好みは異なり、どのタイプが最良、というわけではありません。下記では、トイレ各タイプの特徴をご紹介します。参考にして頂き、愛猫と相性の良いトイレを選んでいただければ幸いです。

シンプルな箱型がほとんどです。猫の老若問わず出入りが安易で、お掃除や砂交換にも便利。猫砂が飛び散りしやすいですが、他のタイプに比べ安価なのが特徴です。

猫トイレフード型

屋根があり、臭い漏れや猫砂の飛び散りなどを防止できるのがポイントです。他にも、犬をご一緒に飼われているご家庭の場合、犬が猫のフンを食べてしまうことがありますが、このタイプであれば、出入口にカバーが付属しているのものが多く、犬が侵入する心配もありません。犬と猫をご一緒に飼われているご家庭におすすめです。

猫トイレ 自動タイプ

排泄物を自動的に処理してくれるトイレです。常に清潔を保てるので、掃除の回数を減少してくれます。留守がちな飼い主様にお薦めなタイプです。

猫トイレ収納

家具調の見た目で、視界からトイレを隠してくれます。トイレだけではなく、愛猫用品などを置く収納スペース設けられており、家具調であるがゆえに、お客様が来訪されても気にする必要がありません。囲われているタイプゆえに、猫砂が飛び散りにくく、安心して用を足せる猫のプライバシー空間を得られます。

MYZOO-OMEGA/猫トイレ収納ボックス(トイレ付き)
MYZOO-OMEGA/猫トイレ収納ボックス(トイレ付き)
MYZOO-OMEGA/猫トイレ収納ボックス(トイレ付き)
MYZOO-OMEGA/猫トイレ収納ボックス(トイレ付き)
MYZOO-OMEGA/猫トイレ収納ボックス(トイレ付き)
MYZOO-OMEGA/猫トイレ収納ボックス(トイレ付き)
MYZOO-OMEGA/猫トイレ収納ボックス(トイレ付き)
低ホルムアルデヒド猫用家具。アメリカ(CARB)認証サービスにより、シックハウス症候群の主な原因物とされるホルムアルデヒドの放出量が最も少ないP2規格のMDFをしよしております。
MYZOO-OMEGA/猫トイレ収納ボックス(トイレ付き)

MYZOO-OMEGA/猫トイレ収納ボックス(トイレ付き)

¥40,700
MYZOO-Foldable 猫トイレ
MYZOO-Foldable 猫トイレ
MYZOO-Foldable 猫トイレ
MYZOO-Foldable 猫トイレ
MYZOO-Foldable 猫トイレ
MYZOO-Foldable 猫トイレ
MYZOO-Foldable 猫トイレ
MYZOO-Foldable 猫トイレ

MYZOO-Foldable 猫トイレ

¥4,290